手合い・手合(読み)てあい

大辞林 第三版の解説

てあい【手合い・手合】

〔非難の意を込めて用いることが多い〕 同類の人や物。連中。仲間。 「あの-とはつき合うな」 「同じ-の品」
一緒に行動する相手。適当な仲間。 「此所にても口きく程の若き人新町に-を拵こしらへ/浮世草子・一代男 5
勝負をすること。手合わせ。
囲碁・将棋で対局すること。 「大-」
相撲をとること。また、立ち合いの差し手争い。 「行司の団うちわ引くより早く、やつと声かけ-して/浄瑠璃・井筒業平」
契約すること。約束をすること。手配。 「かねて-の早駕籠/浮世草子・好色盛衰記 4
見込み。予想。 「 -の噂思ひ入れを互に言ひ合い/洒落本・秘事真告」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android