手捏ね鮨(読み)テコネズシ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

てこねずし【手捏ね鮨】


三重県志摩市郷土料理ちらしずしの一種。かつおなどの魚をおろしてそぎ切りにし、しょうゆに砂糖などを加えたたれに漬け込んだあと、すし飯と混ぜ合わせる。◇漁師船上で作ったのがはじまりとされ、その際、手でこねて混ぜ合わせたことから。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android