コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手斧始め・手斧始 ちょうなはじめ

大辞林 第三版の解説

ちょうなはじめ【手斧始め・手斧始】

大工が工事にとりかかる最初の日に行う儀式。鋸のこぎり・墨矩すみかね・墨打ちの儀のあと、手斧打ちの儀が行われる。手斧立て。
新年一月二日に行う大工の仕事始めの儀式で、材木に簡単に手斧を入れるもの。鉋かんな始め。木造り始め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android