手斧始め・手斧始(読み)ちょうなはじめ

大辞林 第三版の解説

ちょうなはじめ【手斧始め・手斧始】

大工が工事にとりかかる最初の日に行う儀式。鋸のこぎり・墨矩すみかね・墨打ちの儀のあと、手斧打ちの儀が行われる。手斧立て。
新年一月二日に行う大工の仕事始めの儀式で、材木に簡単に手斧を入れるもの。鉋かんな始め。木造り始め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android