コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手筒花火

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

手筒花火

発祥の地とされる吉田神社に伝わる文書によると、永禄3年(1560年)に今川義元の吉田城代・大原肥前守知尚が始めた記録がある。戦国時代の「のろし」から発展したと考えられているが、どのように手筒花火の形になったかは、はっきりしない。愛知大学三遠南信地域連携センターの2007年の調査によると、江戸幕府の3代将軍・家光が亡くなった年や明治期の数年を除いてほぼ毎年、同神社に奉納されてきた。

(2010-08-23 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

手筒花火の関連キーワード静岡県

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手筒花火の関連情報