コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手筒花火

1件 の用語解説(手筒花火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

手筒花火

発祥の地とされる吉田神社に伝わる文書によると、永禄3年(1560年)に今川義元の吉田城代・大原肥前守知尚が始めた記録がある。戦国時代の「のろし」から発展したと考えられているが、どのように手筒花火の形になったかは、はっきりしない。愛知大学三遠南信地域連携センターの2007年の調査によると、江戸幕府の3代将軍・家光が亡くなった年や明治期の数年を除いてほぼ毎年、同神社に奉納されてきた。

(2010-08-23 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手筒花火の関連キーワード生田神社津島美原吉田神社吉田山阿部野神社柿本神社スロッツホルメン国分寺文書奈良筆

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手筒花火の関連情報