コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手組み・手組 てぐみ

大辞林 第三版の解説

てぐみ【手組み・手組】

( 名 ) スル
人の手で組むこと。 「 -の紐」
手を組むこと。 「三人-して寄る所を、三人ながら搔いつかんで/保元
人を集めたり、軍勢を分けたりして、部隊を編制すること。 「さあ、攻め寄せよ、と-を揃へ/浄瑠璃・碁太平記」
仲間なかま。同類。 「いつもの-の客まじりに/浮世草子・男色大鑑 7
手筈てはず。計略。段取り。 「 -はかうと智恵の有たけふるひけるに/浮世草子・御前義経記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android