コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手纏・環・鐶・手纒 たまき

大辞林 第三版の解説

たまき【手纏・環・鐶・手纒】

〔手に巻く物の意〕
上代の装身具の一。玉や鈴に紐ひもを通して、肘ひじのあたりに巻いた。くしろ。
弓を射るとき肘につける籠手こて。弓籠手ゆごて。 〔和名抄〕
輪の形をし、中に穴のある玉。昔、指などに付けて飾りとした。
[句項目] 環の端無きが如し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報