コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち上がる・打ち上る うちあがる

大辞林 第三版の解説

うちあがる【打ち上がる・打ち上る】

( 動五[四] )
打って高く上がる。 「花火が-・る」
高い所へ上がる。勢いよく上がる。 「梶原源太景季高き所に-・り/平家 9
地位が高くなる。 「 - ・つたる上﨟の行儀を見習はせけるに/浮世草子・咲分五人媳」
気位が高くなる。高尚になる。 「言葉俗なりとも、心-・りたらんは如何ばかり高尚ならまし/獺祭書屋俳話 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち上がる・打ち上るの関連キーワード獺祭書屋俳話浮世草子

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android