コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち出し・打出し うちだし

大辞林 第三版の解説

うちだし【打ち出し・打出し】

〔その合図として太鼓を打つことから〕 芝居や相撲などの一日の興行の終わり。
打ち出した器物・模様。また、その方法。
江戸時代、検地の結果、表高おもてだかより余分に出た分。増し分。出目でめ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち出し・打出しの関連キーワード江戸時代太鼓芝居相撲興行器物検地合図