コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち刀・打刀 うちがたな

大辞林 第三版の解説

うちがたな【打ち刀・打刀】

(足緒あしおで腰に吊る太刀に対して)刃の側を上にして腰に差す刀。抜く動作と斬る動作が一連になる利点がある。元来は下卒が用いたものであるが、戦国時代には平時の差し料として武将たちも常用するようになり、やがて、大小拵だいしようごしらえを生むに至った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち刀・打刀の関連キーワード戦国時代平時動作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android