打ち壊し・打壊し・打ち毀し(読み)うちこわし

大辞林 第三版の解説

うちこわし【打ち壊し・打壊し・打ち毀し】

たたきこわすこと。とりこわし。
江戸時代、中下層の百姓・町人が群集して豪農・米穀商・高利貸しらの家屋・家財などを破壊すること。一八世紀半ばから都市の米騒動を中心に、百姓一揆や幕末の世直し騒動の中で多くみられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android