コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち抜き・打抜き うちぬき

大辞林 第三版の解説

うちぬき【打ち抜き・打抜き】

板金・厚紙などに型を当てて強く打ち、その型どおりに抜くこと。
境界を取り除くこと。 「八畳間二つを-にした宴会場」
芝居の大道具で、樹木・建物などにかたどったもの。
包み隠さないこと。正直。 「 -の実事はかくいてもかくれなし/浮世草子・男色十寸鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち抜き・打抜きの関連キーワード浮世草子大道具

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android