コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち抜く・打抜く・打ち貫く・撃ち抜く うちぬく

大辞林 第三版の解説

うちぬく【打ち抜く・打抜く・打ち貫く・撃ち抜く】

( 動五[四] )
厚紙や板金などに型を当て、強く打って、その型どおりの穴をあける。 「プレスで鉄板を-・く」
境界になっているものを取り除く。ぶちぬく。 「二間を-・いて祝宴を催す」
予定どおり最後まで続ける。 「ストを-・く」
(多く「撃ち抜く」と書く)弾丸などがつらぬく。 「たまが壁を-・く」
[可能] うちぬける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

打ち抜く・打抜く・打ち貫く・撃ち抜くの関連キーワード二間

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android