コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち掛かる・打ち懸かる・打ち掛る・打ち懸る うちかかる

大辞林 第三版の解説

うちかかる【打ち掛かる・打ち懸かる・打ち掛る・打ち懸る】

( 動五[四] )
武器などを持って攻めかかる。 「棒を持って-・る」
寄りかかる。 「雪の前殿-・り、自害してこそ死し給ふ/仮名草子・恨の介」
従事する。 「おのづから親かたの商売ばかりに-・りて/浮世草子・織留 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち掛かる・打ち懸かる・打ち掛る・打ち懸るの関連キーワード浮世草子仮名草子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android