コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち衣 うちぎぬ

大辞林 第三版の解説

うちぎぬ【打ち衣】

きぬたで打って光沢を出した衣。装束着用のとき、女性は表衣の下、袿うちきの上に、男性は直衣のうし・狩衣かりぎぬの下に着る。のちには板引きで光沢を出すようになった。色は多く紅か濃赤紫色。打ち衣

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち衣の関連キーワード上着直衣光沢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android