コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち衣 うちぎぬ

大辞林 第三版の解説

うちぎぬ【打ち衣】

きぬたで打って光沢を出した衣。装束着用のとき、女性は表衣の下、袿うちきの上に、男性は直衣のうし・狩衣かりぎぬの下に着る。のちには板引きで光沢を出すようになった。色は多く紅か濃赤紫色。打ち衣

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報