コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち越し・打越し うちこし

大辞林 第三版の解説

うちこし【打ち越し・打越し】

建築で、中間の点を越えて測った二点間の長さ。
連歌・俳諧で、付句の二つ前の句。付句と打ち越しの間に特定の同じ韻や縁語があることを「打ち越しを嫌う」といって避ける。
「打ち越し酒」の略。
ある地点から次の地点を通り越してその先へ行くこと。 「ふた川まで-だがいいか/滑稽本・膝栗毛 4
江戸時代の商慣習の一。二点間の荷物輸送の際に中間地点の問屋の手を経ないで行うこと。特に、大坂と東北地方との取引を江戸の問屋の手を経ずに行うこと。その荷物を打ち越し荷物という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち越し・打越しの関連キーワード打ち越し酒付句

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android