コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち過ぎる・打過ぎる うちすぎる

大辞林 第三版の解説

うちすぎる【打ち過ぎる・打過ぎる】

( 動上一 ) [文] ガ上二 うちす・ぐ
時が過ぎる。経過する。 「長らく無音に-・ぎまして」
ある場所を通り過ぎる。 「藤波の-・ぎがたく見えつるは/源氏 蓬生
程度が普通以上である。度が過ぎる。 「山里の人こそは身の程にはやや-・ぎ/源氏 朝顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち過ぎる・打過ぎるの関連キーワード身の程源氏蓬生

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android