打側(読み)うちそばむ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐そば・む【打側】

(「うち」は接頭語)
[1] 〘自マ四〙 はにかんで顔をそむける。わきを向く。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「大将は、はづかしと思らんとて、うちそばみてゐたまへり」
[2] 〘他マ下二〙 わきへさっと寄せる。物の向きをさっと変える。横にそらす。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「おどろきながらかうぶりもうちそばめてさし入れ、指貫、直衣などをひきさげて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android