打延て(読み)うちはえて

精選版 日本国語大辞典の解説

うちはえ‐て うちはへ‥【打延て】

〘連語〙 (動詞「うちはう(打延)」の連用形に助詞「て」の付いたもの。副詞的な用法が多い)
① 空間的にずっと続いて。うちはえ。
(イ) ずっとどこまでも延びて。②にかけて用いられることが多い。
※古今(905‐914)秋上・一八〇「たなばたにかしつるいとのうちはへて年のをながくこひやわたらん〈凡河内窮恒〉」
(ロ) あたり一面に。見わたすかぎり。
※栄花(1028‐92頃)玉の村菊「うちはへて庭おもしろき初霜に同じ色なる玉の村菊」
② 時間的に、ずっといつまでも続いて。長期にわたって。久しく。うちはえ。
※古今(905‐914)雑上・九三一「さきそめし時より後(のち)はうちはへて世は春なれや色のつねなる〈紀貫之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android