打有(読み)うちあり

  • うちあ・り

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ変〙 (「うち」は接頭語)
① なにげないさまで存在する。ひょいと置かれてある。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一一月「いかでかは、わが心のうちあるさまをも、深うおしはからん」
② ありふれている。普通である。
※今鏡(1170)三「同じ歌と申せども、この頃のうちある様にもあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android