打毬楽(読み)タギュウラク

デジタル大辞泉の解説

たぎゅうらく〔タギウラク〕【打毬楽】

雅楽。唐楽。太食(たいしき)調で新楽の中曲。は四人舞。毬杖(ぎっちょう)を持ち、毬(まり)を打つようすを舞にしたもの。玉会(ぎょくえ)打毬楽。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たぎゅうらく【打毬楽】

舞楽の一。左方に属する新楽で、太食たいしき調の中曲。毬杖ぎつちようを持ち、毬まりを打つさまを四人で舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たぎゅうらく タギウ‥【打毬楽】

雅楽の曲名。唐楽。新楽。太食調(たいしきちょう)の曲。左方舞。舞は四人舞。裲襠(りょうとう)、別袴別袍(べつはかまべつほう)、抹額冠(まっこうのかんむり)のいでたちで、毬杖(ぎっちょう)を持ち、毬(まり)を打ち興ずるさまを舞う。玉会(ぎょくえ)の打毬楽。
※源氏(1001‐14頃)蛍「打毬楽・落蹲(らくそむ)などあそびて勝まけの乱声ども、ののしるも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android