打顰(読み)うちひそむ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ひそ・む【打顰】

[1] 〘自マ四〙 (「うち」は接頭語) 顔をしかめて泣きそうになる。べそをかく。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「見めぐらして、はは君の見えぬをもとめて、らうたげにうちひそみたまへば」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒うちひそめる(打顰)

うち‐ひそ・める【打顰】

〘他マ下一〙 うちひそ・む 〘他マ下二〙 (「うち」は接頭語) (顔などを)ゆがめる。(眉などに)しわを寄せる。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一六「眉打ち顰(ヒソ)めたる老紳士の面(かほ)を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android