扱垂(読み)こきたる

精選版 日本国語大辞典の解説

こき‐た・る【扱垂】

[1] 〘他ラ下二〙 草についている露などをしごいてたらす。こき落とす。
※続古今(1265)秋下・四五六「足引の山田の稲の片寄りに露こきたれて秋風ぞ吹く〈行念〉」
[2] 〘自ラ下二〙 (「こき」は接頭語)
① たれる。たれさがる。多く、歌語として用いられ、実や葉をもつ植物を序とし、頭をたれて泣くさまについていう。
※古今(905‐914)雑上・九三二「刈りて干す山田の稲のこきたれて泣きこそ渡れ秋の憂ければ〈坂上是則〉」
② 雲が低くたれこめる。
※古今(905‐914)恋三・六三九「明けぬとて帰る道にはこきたれて雨も涙もふりそぼちつつ〈藤原敏行〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android