コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗体価 (Antibody titer) こうたいか

1件 の用語解説(抗体価 (Antibody titer)の意味・用語解説を検索)

馬の用語事典の解説

抗体価 (Antibody titer)

動物がウイルスに感染すると血清中に抗体を産生するが、ウイルスなどの蛋白質(抗原)に対して産生された抗体の量を示す指標。通常は、検査室で血清を2倍ずつ段階的に次々と希釈して、抗原抗体反応により抗体価を決定する。この方法で血清を希釈していくと、ある段階で抗原と反応しなくなる。この反応しない一段階手前の血清希釈倍数の逆数を抗体価として表す。例えば、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/128と順次希釈し、抗原抗体反応で1/64以上に希釈した血清で反応がなくなれば抗体価は32倍ということになる。実際には、発熱した馬の発症時の馬鼻肺炎ウイルスに対する抗体価が4倍で、回復期の抗体価が128倍であれば、抗体価が32倍上昇したことを示しており、発熱の原因が馬鼻肺炎ウイルスの感染によるものと診断される。

出典|馬の用語事典:JRA競走馬総合研究所
馬の用語事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone