コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折り紙・折紙 おりがみ

大辞林 第三版の解説

おりがみ【折り紙・折紙】

〔古くは「おりかみ」〕
色紙で鶴・舟・奴やつこさんなどいろいろな形に折る遊び。折り紙細工。また、それに用いる色紙や折ったもの。
二つに折った紙。
奉書紙・鳥の子紙などを横半分に折った形の文書。公式文書・贈呈品の目録などに用いるもの。平安末期より始まった。 → 切り紙
書画・骨董などの作者や由来などを証明する鑑定書。 「 -つきの品物」
武術・技芸で、一定の技量を修得したことの証明。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android