コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折り金・折金 おりがね

大辞林 第三版の解説

おりがね【折り金・折金】

刀の鞘さやの部分の名。刀を抜いた時、帯にさした鞘が抜けないように鞘の中程に間隔をおいてつけた突起。返し金。おびどめ。
折り掛け 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android