折衷派(読み)せっちゅうは

大辞林 第三版の解説

せっちゅうは【折衷派】

江戸時代後期に漢方医学の一派が唱えた医学説。古医方に後世方を折衷し、それぞれの長所を統合する立場をとる。 → 古医方後世方

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android