コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折衷派 せっちゅうは

大辞林 第三版の解説

せっちゅうは【折衷派】

江戸時代後期に漢方医学の一派が唱えた医学説。古医方に後世方を折衷し、それぞれの長所を統合する立場をとる。 → 古医方後世方

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

折衷派の関連キーワードアンティオコスブールハーフェ寛政異学の禁ドメニキーノギリシア哲学プルタルコス短歌(文学)漢蘭折衷派アリウス派シュタール太田錦城立原翠軒土生玄碩太田全斎大窪詩仏井上金峨村瀬栲亭ホフマン海保漁村伏屋素狄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android