コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜きん出る・抽んでる・擢んでる ぬきんでる

大辞林 第三版の解説

ぬきんでる【抜きん出る・抽んでる・擢んでる】

( 動下一 ) [文] ダ下二 ぬきん・づ
〔「ぬきづ」の転〕
周囲の物よりひときわ高く突き出ている。 「他に-・でる高峰」
人並みはずれてすぐれている。ずば抜けている。 「 - ・でた才能」 「衆に-・でる」
群れなどから離れる。抜け出る。 「只一人-・でて後の山より何地ともなく落ち給ひにけり/太平記 13
引き抜いて取り出す。また、多くの中から選び出す。 「錫は一廉-・でて下さるる時書く字ぢやぞ/毛詩抄」
人よりも目立たせる。際立たせる。 「忠功を-・でば、日来の昇殿を不日に許さるべき也/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android