抜き穂・抜穂(読み)ぬきほ

大辞林 第三版の解説

ぬきほ【抜き穂・抜穂】

大嘗祭だいじようさいのとき、神に供えるための稲の穂を悠紀ゆき・主基すきの斎田さいでんから抜き取ること。また、その穂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android