コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜け殻・脱け殻 ぬけがら

大辞林 第三版の解説

ぬけがら【抜け殻・脱け殻】

ヘビ・セミなどの、脱皮したあとの殻。
中身のなくなったあとのもの。
魂が抜けたように、うつろな状態になることのたとえ。 「重なる不幸に打ちのめされて-同然になる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報