コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜け風 ぬけふう

大辞林 第三版の解説

ぬけふう【抜け風】

談林俳諧の手法の一。そのものを句の表面に出さず余意にそれを利かせること。例えば「鹿を追ふ猟師か今朝の八重霞」の句は、「鹿を追ふ猟師山を見ず」の諺を下敷きにして、上五に「山を見ず」の語を利かせた詞のぬけの例。ぬけ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抜け風の関連キーワード談林俳諧八重霞抜け鹿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜け風の関連情報