コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵当権の抹消

1件 の用語解説(抵当権の抹消の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

抵当権の抹消

銀行など金融機関から融資を受ける際に不動産を担保に設定された抵当権を不動産登記簿の乙区欄から抹消し、その不動産に対する権利を消滅させること。抵当権 を抹消することにより、不動産登記簿の乙区欄に記載された抵当権には登記官により斜線が引かれる。また、登記事項証明書の場合は下線が引かれる。抵当権者 に債務をすべて返済するか、別の不動産を担保提供することにより、抵当権が抹消可能となる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抵当権の抹消の関連キーワード間接金融信用保証制度日銀特融金融機関信用保証協会系列融資信用保証協調融資(シンジケートローン)産業再生法の4要件リバースモゲージ Reverse Mortgage

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抵当権の抹消の関連情報