抹・末・沫・秣(読み)まつ

大辞林 第三版の解説

まつ【抹・末・沫・秣】

【末】 [音] マツ ・バツ
すえ。
はし。ものの先。 「末端」
終わり。最後。 「末期・末世・末年・末筆・末法・末葉・末路・月末・始末・終末・週末・ 顚末てんまつ・年末」
のち。将来。 「末代」
その血統や流派などをくむもの。 「末裔まつえいばつえい)・末寺・末流」
低い位。下位。 「末座・末席」
最年少。 「末子まつしばつし)・末弟まつていばつてい)」
大切でない枝葉のことがら。 「瑣末さまつ・粗末・枝葉末節」
こな。 「粉末」
【抹】 [音] マツ
なでつける。こすりつける。 「一抹・塗抹」
ぬりつぶす。ぬりけす。 「抹殺・抹消」
粉にする。 「抹香・抹茶」
【 沫 】 [音] マツ
水のあわ。 「水沫・泡沫」
しぶき。 「飛沫」
【 秣 】 [音] マツ ・バツ
まぐさ。馬や牛の飼料。 「糧秣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android