押し手文(読み)おしてふみ

大辞林 第三版の解説

おしてふみ【押し手文】

手形・印章の押してある文書。 「 -に依りて斬り梟くしさす時に臨みて/日本書紀 崇峻訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる