担い手育成策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

担い手育成策

水田・畑作経営所得安定対策の中で、個々の農家と集落営農組織を対象に、一定面積以上を耕作するなどの条件を満たせば、国の直接支払いなどを受けられる。水田(北海道は畑作も)を使った土地利用型農業(コメ、麦、大豆、テンサイ、でんぷん原料用ジャガイモ)を対象とし、安い海外の農産物の影響を受ける国内の農業生産に対して収入を補填(ほてん)する側面もある。このほかにも低利融資や技術支援などの育成策がある。

(2008-12-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android