コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拉致被害者と特定失踪者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

拉致被害者と特定失踪者

日本政府が認定した「拉致被害者」は全国に17人。県内では、1978年に日置市の吹上浜で連れ去られた市川修一さん(失踪当時23)と増元るみ子さん(同24)の2人だ。これと別に、民間団体「特定失踪者問題調査会」が拉致の可能性を調べている「特定失踪者」は全国に約470人いる。県関係者は11人で、このうち園田さん夫婦、田中正道さん、66年に東京・上野駅での目撃を最後に消息を絶った日高信夫さん(同21)の4人について「拉致の可能性が濃厚」としている。今回の再調査は、拉致被害者に加え、特定失踪者も対象となった。

(2014-09-01 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拉致被害者と特定失踪者の関連情報