コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拉致被害者と特定失踪者

1件 の用語解説(拉致被害者と特定失踪者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

拉致被害者と特定失踪者

日本政府が認定した「拉致被害者」は全国に17人。県内では、1978年に日置市の吹上浜で連れ去られた市川修一さん(失踪当時23)と増元るみ子さん(同24)の2人だ。これと別に、民間団体「特定失踪者問題調査会」が拉致の可能性を調べている「特定失踪者」は全国に約470人いる。県関係者は11人で、このうち園田さん夫婦、田中正道さん、66年に東京・上野駅での目撃を最後に消息を絶った日高信夫さん(同21)の4人について「拉致の可能性が濃厚」としている。今回の再調査は、拉致被害者に加え、特定失踪者も対象となった。

(2014-09-01 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拉致被害者と特定失踪者の関連キーワード拉致被害者支援法特定失踪者テロ支援国家指定金英男さん拉致事件子供らの拉致・強制労働事件米国のテロ支援国家指定被害者支援センターみやぎ被害者支援センター拉致被害者横田滋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拉致被害者と特定失踪者の関連情報