拗・佞(読み)ねじける

精選版 日本国語大辞典「拗・佞」の解説

ねじ・ける ねぢける【拗・佞】

〘自カ下一〙 ねぢ・く 〘自カ下二〙
① 形状が曲がりくねる。ねじれてゆがむ。
※浜松中納言(11C中)一「くちびるは丹といふ物塗りたるやうに、いささかもねぢけたるところなく」
② 心がすなおでなく、ひねくれる。ひがむ。
蜻蛉(974頃)上「いとねぢけたるものの大輔などいはれぬれば」

ねじけ ねぢけ【拗・佞】

〘名〙 (動詞「ねじける(拗)」の連用形の名詞化) ねじけること。性格がひねくれていること。また、その人。
※志不可起(1727)「をねぢけとも訓」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android