コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拙堂如雲

1件 の用語解説(拙堂如雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

拙堂如雲

江戸後期の狂歌師僧。大坂の人。俗名は山田直方、通称は四郎右衛門、号は山果亭・如雲舎紫笛栗柯亭木端門人。著書に『狂歌水の鏡』『狂歌生駒山』等がある。安永八年(1779)寂、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拙堂如雲の関連キーワード大根太木竹内真葛木村黙斎馬場金埒橘樹園早苗久鳳舎桐丸文清舎冲澄辺仁之无子瑞園千秋四方山詠女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone