コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡張現実(AR)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

拡張現実(AR)

Augmented(〈効果などをさらに〉増大させた)Reality(現実)の略。現実の環境や物に、コンピューターで様々な情報を重ねて表示する技術。スマートフォンのカメラを街角の店に向けると、画面上にその店の営業時間や商品などの情報が表示されたり、自動車フロントガラスに道路情報を映し出してナビゲーションとして使ったりするなどの活用が始まっている。

(2013-09-17 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

拡張現実(AR)の関連キーワードオーギュメンテッドリアリティーオーグメンテッドリアリティーヘッドマウントディスプレーマイクロソフトホロレンズヘッドアップディスプレーGoogle GlassミクストリアリティーPokemon GO第5世代移動通信方式GoogleグラスナイアンティックスマートグラスポケモンGO拡張現実感ARアプリ強調現実感複合現実AR眼鏡AR動画タンゴ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拡張現実(AR)の関連情報