コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拳相撲・拳角力 けんずもう

大辞林 第三版の解説

けんずもう【拳相撲・拳角力】

相撲をまねて、小さな土俵を設け、行司を置き、東西二組に分かれて拳をたたかわせる遊戯。享保(1716~1736)の頃流行した。初め本拳で行われたが、のち藤八拳でも行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拳相撲・拳角力の関連キーワード相撲遊戯土俵享保行司