拾上(読み)ひろいあげる

精選版 日本国語大辞典「拾上」の解説

ひろい‐あ・げる ひろひ‥【拾上】

〘他ガ下一〙 ひろひあ・ぐ 〘他ガ下二〙
① 拾って手に取る。拾って持ち上げる。拾い出す。また、多くの中から選んで取り上げる。
※重之集(1004頃)上「くははらのさとのひきまゆひろひあげて君がやちよのころもいとにせん」
パルタイ(1960)〈倉橋由美子〉「できるかぎり克明に過去を拾いあげ」
② 不遇な人を取り上げ、適切に処遇する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android