コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持ち分・持分 もちぶん

大辞林 第三版の解説

もちぶん【持ち分・持分】

全体の中で各人が所有や負担をしている部分。
財産の共有関係において個々の共有者がもつ権利。また、その割合。
合名会社・合資会社・有限会社の社員、協同組合の組合員、特殊法人の出資者などの権利義務の総体としての地位。また、それを評価したときの評価額の割合。股分こぶん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

持ち分・持分の関連キーワード協同組合有限会社合名会社合資会社組合員割合

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android