コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持ち株会社 もちかぶかいしゃ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

持ち株会社

経営権を獲得するために、他社の株を所有する会社のこと。 株式を保有するだけの「純粋持ち株会社」と、持ち株会社そのものも事業を行う「事業持ち株会社」とがある。 日本では、戦後の財閥解体に伴い「純粋持ち株会社」は独占禁止法で禁止されていた。しかし欧米ではこれが認められているため、大規模なM&Aなどによる経営の合理化が次々と展開された。こうした国際事情を背景に、日本でも1997年の独占禁止法改正によって認められることになった。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

持ち株会社

株式を保有して傘下の事業会社を支配し、グループ経営戦略立案を行う会社。「○○ホールディングス」という社名が多い。事業を行わない会社を純粋持ち株会社と呼ぶ。傘下の会社は経営の独自性を持って個別に収益を管理するため、グループ内の不採算事業を明確にすることができるメリットがある。

(2014-02-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

持ち株会社の関連キーワードジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)コンコルディア・フィナンシャルグループ三井住友海上グループホールディングスセブン&アイ・ホールディングスキョーリン製薬ホールディングス佐川グローバルロジスティクス金融持ち株会社・金融持株会社フジメディアホールディングス九州産業交通ホールディングス日本取引所グループ(JPX)大手損保3社の経営統合検討反対株主の株式買い取り請求東京放送ホールディングス楽天とTBSの提携協議リテールパートナーズ持ち株会社・持株会社阪急ホールディングスJPホールディングス西武ホールディングスJ―ホールディングス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持ち株会社の関連情報