コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持て扱ふ もてあつかう

大辞林 第三版の解説

もてあつかう【持て扱ふ】

( 動四 )
いろいろとめんどうを見る。世話をする。 「ただこの尼君ひとり-・ひ侍りしほどに/源氏 若紫
取り扱いに苦しむ。もてあます。 「この近所の家で、棄てたのだらう。これぢや、どこでも-・ふよ/偸盗 竜之介

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

持て扱ふの関連キーワード若紫

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android