持永 只仁(読み)モチナガ タダヒト

20世紀日本人名事典の解説

持永 只仁
モチナガ タダヒト

昭和・平成期の人形アニメーション作家



生年
大正8(1919)年3月3日

没年
平成11(1999)年4月1日

出生地
佐賀県佐賀市金立町

出身地
東京・神田錦町

別名
中国名=方 明

学歴〔年〕
日本美術学校応用美術科〔昭和13年〕卒

主な受賞名〔年〕
バンクーバー国際映画祭児童映画部門最高賞〔昭和31年〕「ちびくろサンボのとらたいじ」

経歴
昭和14年芸術映画社入社、アニメ制作に従事。瀬尾光世の下で日本初の多層式アニメ撮影台を開発。20年満州へ渡り、満州映画協会に入社。敗戦後も中国に残り、新設の東北電影製片廠で教育宣伝映画製作のかたわら映画技術者を養成。25年上海電影製片廠美術片組創立に参画。この間、人形アニメを独自に創始。28年帰国。30年人形映画制作所設立。31年日本初の人形アニメ「瓜子姫とあまんじゃく」を完成。同年の「ちびくろサンボのとらたいじ」ではバンクーバー国際映画祭児童映画部門最高賞を受賞。35年MOMプロダクション設立、42年退社。54年再び中国に渡り、中国通信社に入社し、ニュース映画製作に携わった。日中両国のアニメ技術の交流に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android