持馴(読み)もてならす

精選版 日本国語大辞典の解説

もて‐なら・す【持馴】

〘他サ四〙 持って馴れるようにする。使いならす。始終使っている。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「もてならししものをや。我めにはみじ」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「ありつる扇御覧ずれば、もてならしたる移香、いとしみ深うなつかしくて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android