コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挂け甲 かけよろい

大辞林 第三版の解説

かけよろい【挂け甲】

〔肩に打ち掛けて着る鎧よろいの意〕
古墳時代から行われた鎧。鉄片や革を、組み糸や革紐でつづり合わせたもの。平安時代になると、全く儀式用となった。挂甲けいこう。うちかけよろい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報