コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指し紙・差し紙・指紙・差紙 さしがみ

大辞林 第三版の解説

さしがみ【指し紙・差し紙・指紙・差紙】

江戸時代、日を指定した役所の呼び出し状。 「是の小万に付て代官所のお-/浄瑠璃・丹波与作
揚屋から置屋へ遊女を指名して呼びにやる書状。 「 -僉議して見し内に/浮世草子・禁短気」
江戸時代、蔵米の落札人がその米を商人に売るために便宜上作成した一種の貨物証券。蔵米切手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

指し紙・差し紙・指紙・差紙の関連キーワード丹波与作蔵米切手江戸時代浮世草子浄瑠璃揚屋小万蔵米

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android