コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指出(差出) さしだし

1件 の用語解説(指出(差出)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さしだし【指出(差出)】

〈指し出す〉の名詞化した言葉で,提出書類の意味だが,中世後期から近世にかけては,上級権力の要求に応じて提出される耕地関係書類を意味する。〈指出〉の語は《建内記》文安1年(1444)4月14日条,新守護の山名氏が播磨国で行った指出徴収を早い例とする。このとき山名氏は,寺社本所領の田数・土貢・諸色の数量,夫役や本所直務の有無,守護請地かどうか,寺庵田・神田・講田については寄進状があるかどうかについて荘園領主や在地の寺庵等に報告を要求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

指出(差出)の関連キーワード有価証券届出書押し出づ押し出だす醸し出す捜し出す足んぬ提出差出す武者言葉Health Certificate

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone