指出(差出)(読み)さしだし

世界大百科事典 第2版の解説

さしだし【指出(差出)】

〈指し出す〉の名詞化した言葉で,提出書類の意味だが,中世後期から近世にかけては,上級権力の要求に応じて提出される耕地関係書類を意味する。〈指出〉の語は《建内記》文安1年(1444)4月14日条,新守護の山名氏が播磨国で行った指出徴収を早い例とする。このとき山名氏は,寺社本所領の田数・土貢・諸色の数量,夫役や本所直務の有無,守護請地かどうか,寺庵田・神田・講田については寄進状があるかどうかについて荘園領主や在地の寺庵等に報告を要求した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android