コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指出(差出) さしだし

1件 の用語解説(指出(差出)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さしだし【指出(差出)】

〈指し出す〉の名詞化した言葉で,提出書類の意味だが,中世後期から近世にかけては,上級権力の要求に応じて提出される耕地関係書類を意味する。〈指出〉の語は《建内記》文安1年(1444)4月14日条,新守護の山名氏が播磨国で行った指出徴収を早い例とする。このとき山名氏は,寺社本所領の田数・土貢・諸色の数量,夫役や本所直務の有無,守護請地かどうか,寺庵田・神田・講田については寄進状があるかどうかについて荘園領主や在地の寺庵等に報告を要求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone