指定管理者の総合評価制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

指定管理者の総合評価制度

指定管理者制度によって、公共施設の管理・運営を民間でもできるようになった。運営能力を第三者が公平に評価する仕組みが必要になり、日本体育施設協会が2007年につくった。最高位のAAAからDまで8段階で格付けする。これまでに114件の評価を実施した。自治体側がこの評価を参考にすることもある。

(2011-06-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android