挙げ歌・上げ歌・挙歌・上歌(読み)あげうた

大辞林 第三版の解説

あげうた【挙げ歌・上げ歌・挙歌・上歌】

上代の歌謡で、高い調子で歌われるものか。 「此は夷振ひなぶりの-ぞ/古事記
謡曲を構成する部分の一。上音で唄い始める部分。 ⇔ 下げ歌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android